主人公たちと、その野獣の、激しい攻防の中で、そこそこ長期戦になって、鎧の、ブルクティスアーマーがひび割れて、破片が、部分的に、床に落ちたりしています。そこそこ頑丈な、鎧なのに、やはり巨体の、野獣は、すさまじい攻撃力が、あるがために、とてもじゃありませんが、複数メンバーがいても、簡単には、勝てる相手では、ありません。まるで、何かの形を、彩るかのような模様のように、偶然ながら、演出していて、野獣に、攻撃するたびに、出た血を、主人公たちのメンバーのうちの、一人が、専用の瓶に、入れて少しづつためていきます。そのつど、少しづつためていくので、根気がいりますが、ある程度集めた状態であれば、飲むと、効果絶大で、むしろ、逆に少なければ、少ないほど、薄い効果しか得ることが、出来ません。主力となる、メンバーの中の一人です。最初に、出た血液は、濃度が濃く、とても、素敵で、神秘の天液とも、呼ばれています。別名ではあるのですが。とにかく魅力が高いのです。キレイモ